イボを切除するならハサミでも大丈夫?

イボが出来てしまうと非常に厄介で見た目も悪いし触るとゴワゴワしていて違和感だけが目立ちます。

しかもイボの中にはウイルス性のイボも存在する為に人体に影響はないとウイルスである以上は悪化する可能性も残っているので早く除去したいでしょう。

なので家にあるハサミで切除しようと考えている人もいると思いますが使っても大丈夫なのかが気になりますよね?

これからハサミでイボを切除しても大丈夫なのかについて解説していきます。

ハサミでイボの切除は皮膚科でもやっている

ハサミでのイボの切除は皮膚科でもやっており保険適用されるので数百円から千数百円程度になります。

イボ自体の大きさが小さければハサミで事足りると判断しハサミでの切除で治療する事もあるのでイボでハサミの切除自体は方法として間違っていません。

だからと言って自宅でもやって大丈夫な理由にはならない

皮膚科でもハサミを使って切除しているのだから自宅にあるハサミで切除しても大丈夫と言う事にはなりません。

その理由を上げていくと、

  • 皮膚科で使っているのはあくまでイボ切除向けに作られたハサミであり家庭用のハサミではない
  • ハサミを使っているのは大きさ以外にも部位的に血管や神経も傷つけてしまわないと判断した場合もあるので部位によってはハサミだと危険な場合がある
  • ハサミで切っても消毒をし傷跡が残らない様に治療もする必要がある

ハサミでただ切除すれば良いと言う訳ではなく、部位的にハサミでも大丈夫なのかを確認しておく事や、切った後の事も考えておく必要があり、自宅でのハサミ治療は簡単そうでリスクも高いです。

ハサミで切除してもイボ発生源が残っている限りは再発する可能性も高い

ハサミでもイボは切除出来ると言ってもあくまで表面上だけの話でイボの根本、つまり発生源が残っているとまた再発する恐れがあります。

イボを確実に切除したいなら皮膚科へ行って液体窒素を使って低音で焼き殺すか保険適用外で高い治療費になりますがレーザー治療で治すかの二択になります。

イボ用クリームや内服薬を使っての切除も選択肢としてある

ハサミにしろ液体窒素にしろこれらのやり方は一瞬とは言え、痛みが伴う切除方法ですが痛みを伴わずに切除する方法も無い訳ではありません。

市販されているイボ用クリームを使って外側から治療していく方法や、内服薬を使って利用する方法もあり、今では切除する方法の選択肢は広がっています。

ただ、これらのやり方はハサミや液体窒素程の即効性はなく、じんわりと治していく方法ですので即効性の面で見ると劣ります。

イボを切除したいなら皮膚科へ行くのが一番いい

首にしろ、指にしろ、何処かの部位にイボが出来てしまったら、自宅でハサミを使って切除するよりは皮膚科で検診してもらって切除した方が安全です。

イボの治療は内服薬も含めて保険適用されるので出費もそんなに掛からないので、無理に自己流でやるよりは安全かつ確実にイボを切除したいならイボ切除に関しては知識と経験のある皮膚科でしてもらった方がオススメです